東京カテドラル聖マリア大聖堂改修

architect丹下都市建築設計(原設計) 大成建設(改修設計)

address東京都

新建築2011年2月号 38P

1964年12月に竣工した東京カテドラル聖マリア大聖堂(本誌6506)の大規模改修.ステンレスモールディングのオリジナルを継承した材料および下地の更新,トップライトに後補されていた折板の撤去,既存トップライトの上に更に下地を組んで固定したトップライトの新設などが行われた.大聖堂のほか,鐘の塔のコンクリート保護・補修,各施設の内装改修や司祭の宿舎の新築など,敷地全体が整備された.

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2011年2月38ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。