柿畑のサンクン・ハウス

architect小嶋一浩+赤松佳珠子/CAt

address神奈川県

新建築2010年12月号 161P

中央にコアを持つワンルームの住宅.1階床レベルは地面より700mm下げられている.白く塗装されたパーティションを動かし,アクティビティに応じて部屋を囲い取る.北東側には生産緑地である柿畑の緑が広がる.軒天高さは約1.9m.柿畑の樹下と内部空間が連続するよう,軒の高さを低く設定している.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2010年12月161ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。