第1旅客ターミナル内JAL国内線ラウンジ

architect基本計画・総合デザイン監修:中村拓志/NAP建築設計事務所 実施設計・設計監理:梓設計

address東京都

新建築2010年11月号 80P

JALのオフィスフロアをリノベーションした計5500m2のラウンジ.家具や仕切り壁を腰高(1100mm)に設定することにより,水平方向の抜けを確保し,2500mmというやや低めの天井高を感じさせない構成としている.

close
arrow_left
1/1
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2010年11月80ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。