松庵 森の家

architect柳澤潤/コンテンポラリーズ

address東京都

新建築2010年8月号 135P

6戸のコーポラティブハウス.上階の柱の下に柱を設けない,岡立ちフレームの鉄骨構造を採用することにより,それぞれの住戸ごとに施主の要望に合わせたプランニングが可能となった.平面は400mmのモジュールで構成されている.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2010年8月135ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。