日本赤十字社医療センター

architect久米設計

address東京都

新建築2010年7月号 130P

医療・福祉・看護教育などの各種サービスの連携を図る日本赤十字社広尾地区再建整備事業の中核施設.三次救急医療への対応,周産母子センターの充実,災害時の医療救護の機能への配慮に重点を置いている.たとえば,免震構造の採用やエネルギーの多重化など.また,三角形をふたつ組み合わせた看護動線の短縮や,周産母子センターへの専用動線,救命救急の専用動線,夜間動線など,都市のさまざまな状況に合わせた動線のコントロールも特徴.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2010年7月130ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。