澄心寺庫裏

architect宮本佳明/宮本佳明建築設計事務所

address長野県

新建築2010年1月号 88P

曹洞宗澄心寺は,長野県の山間にあり550年の歴史を持つ.今回計画された庫裏は伽藍配置を踏襲し,屋根形状も寺院との調和に配慮している.鉄筋コンクリート造の大屋根はシェルと折板構造を組み合わせたもので,3本の柱のみで支持されている.大屋根の下に木造の居室空間がつくられた.

close
arrow_left
1/6
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2010年1月88ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。