新フランス大使館

architect基本計画:ADP Ingénierie(ADPI) 設計:竹中工務店/ADPI

address東京都

新建築2009年12月号 98P

フランス大使館の建て替え.道路沿いのビザ棟と敷地奥の事務所棟で構成される.事務棟は,敷地内の森に向けて緩やかにカーブしたガラスファサードとし,オフィス内から森を感じられる.南側は粒径の異なる花崗岩と石灰岩の砕石を打ち込み,水磨きしたPCa版としている.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2009年12月98ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。