長野県稲荷山養護学校

architect北川原温建築都市研究所

address長野県

新建築2009年4月号 65P

既存の養護学校の建て替え.主構造は県内産カラマツによる木造.登り梁,柱,方杖などを2本組にし,「めり込み」の効果を用いることによって,小断面の材を使いながら,大きな空間をつくっている.「めり込み」は「岐阜県立森林文化アカデミー」(本誌0108)などからの展開.また,ジョイントは1点で2部材以上を接合しないことでシンプルにしている.

close
arrow_left
1/8
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2009年4月65ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。