アステラス製薬つくば研究センター新棟

architect大成建設・竹中工務店

address茨城県

新建築2008年11月号 142P

山之内製薬と藤沢薬品工業が合併してできたアステラス製薬の研究施設.旧山之内製薬研究所を既存研究棟3棟を残し,新たに研究棟を3棟(設計:大成建設)と居室・厚生棟(設計:竹中工務店)を再整備したもの.今回新築された3棟の研究棟や既存の研究棟は居室棟に接続されている.居室棟は研究者たちの執務空間として機能し,研究者は研究棟と居室棟を行き来しながら研究に当たることで,他分野の研究者とのコミュニケーションが促される.

close
arrow_left
1/8
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2008年11月142ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。