カタガラスの家

architect武井誠+鍋島千恵/TNA

address東京都

新建築2008年11月号 92P

住宅密集地に建つアトリエ併用住宅.外壁は全面型板ガラスで,室内側は中空ポリカーボネート材が張られている.一方,内部空間を仕切る壁とスラブはコンクリート打ち放しで,内外の壁面が反転したようでもある.階段室を中心に,さまざまな階高の部屋を立体的に配置.第25回新建築賞(旧吉岡賞)受賞作品.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2008年11月92ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。