富山市大庄地区コミュニティセンター

architect広谷純弘+石田有作 アーキヴィジョン広谷スタジオ

address富山県

新建築2008年10月号 162P

「富山市福原地区コミュニティーセンター」(本誌0310,設計:建築研究所アーキヴィジョン,掲載時の作品名「大山町福原地区コミュニティセンター」)に続いて計画されたコミュニティセンター.環境に応答するように,水田の中で雁行する長い壁のような形態.談話コーナーや図書コーナーなどを3つの長いギャラリーが結ぶ.2003年から毎年開催されているLiving Art in Ohyamaの拠点施設.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2008年10月162ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。