京都造形芸術大学 至誠館

architect隈研吾建築都市設計事務所

address京都府

新建築2008年6月号 136P

京都瓜生山の傾斜地に永久アースアンカーを利用して建つ.既存キャンパス内の動線の中心に位置し,学生食堂や学生広場,屋上庭園などがある.接する環境,建築と個別に連続し,各面がまったく違ったファサードとなっている.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2008年6月136ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。