中庭を囲む増築棟

architect栗原健太郎+岩月美穂/studio velocity

address愛知県

住宅特集2022年5月号 132P

西側には児童公園、その先に新幹線の高架が通り、南側には道路と駐車場を挟んで12階建てのマンションが建つ。代々住み継いできた大きな敷地に、既存住宅の日射を遮らないよう3棟連ねた段々状のヴォリュームを配置。既存住宅と共に中庭を囲う。連なる3棟は平面上ズラして配置することで、小さなヴォイドをいくつも生み出し周辺環境を多方面から取り込む。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2022年5月132ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。