• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
二心柱の家
高塚章夫/Aaat
bookmark_outline
概略
上下階を貫く2本の柱を軸にさまざまな高さにスラブを設け、段差による明確な分節と柱による曖昧な境界が、ワンルームの中に緩やかな領域をつくり出す。壁や天井のそれぞれ10cmほどの奥行きは空間を拡張すると同時に、間柱に板を渡せば収納スペースとしても活用できる。
所在地
東京都
掲載誌
新建築住宅特集 2022年3月号 116P