小屋裏と色

architect長岡勉/POINT 加藤直樹/建築設計 加藤住吉

address愛知県

住宅特集2022年3月号 34P

折れ曲がった敷地の角に建っていた母屋の建て替え。1階の床から約2,100mmの高さに梁があり、それより上は小屋裏が広がっている。また、ヒノキやスギの白さと赤みに馴染むように壁を薄桃色で塗装し、それに合わせて制作家具の塗装には赤みの強い染色を使用。さらに、それらの赤味を際立たせる緑色を階段や建具などに施している。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2022年3月34ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。