最新住宅プロジェクト13題 HIROO HOUSE

architect田根剛

address東京都

住宅特集2022年1月号 48P

東京の広尾に計画中の住宅。敷地はふたつの道路に面し、建蔽率70%、容積率150%の計画条件。容積を最大限確保しながら外部景観と内部環境の関わりを模索している。配置計画において、敷地に四角形の平面を配し、それぞれの角を多角形にして敷地境界や隣地境界に接するようにして、地上階では複数の用途が一体感の中に共存し、上階では分節と隣接により外部の形態と環境の変化が各部屋に呼応する計画。

close
arrow_left
1/1
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2022年1月48ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。