ブロック塀とNLT

architect浅野・出江建築事務所

address大阪府

住宅特集2021年12月号 138P

小さな新興住宅地に建つ。家を無防備に開くことよりもまちにありふれたエレメントで構えをつくり閉じることを考え、外被にはブロック塀を使用。それに対し内部は開放的で伸びやかな空間とするため、主構造は木造軸組工法とし、薄いスラブとなるようにNLTを採用。薄い段違いのスラブは階同士の距離を縮め、視線の抜けを確保する。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2021年12月138ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。