無為に耽る家

architect白石隆治/RS STUDIO

address東京都

住宅特集2021年12月号 102P

商業ビルや高層マンションなど多様な用途の建築が混在する都心部に建つ。敷地の間口は3.4m、奥行きは13m。雑多な街との距離を調整するように、ファサードに緩衝地帯としてのテラス、玄関ポーチを設けている。内部では壁面3層に渡って本棚を設置している。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2021年12月102ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。