• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
無為に耽る家
白石隆治/RS STUDIO
bookmark_outline
概略
商業ビルや高層マンションなど多様な用途の建築が混在する都心部に建つ。敷地の間口は3.4m、奥行きは13m。雑多な街との距離を調整するように、ファサードに緩衝地帯としてのテラス、玄関ポーチを設けている。内部では壁面3層に渡って本棚を設置している。
所在地
東京都
掲載誌
新建築住宅特集 2021年12月号 102P