• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
中目の旗竿
SALHAUS
bookmark_outline
概略
都心の住宅地に位置する狭小の旗竿敷地に建つ。間口2mの接道側に屋外階段を設け、奥側に敷地形状に沿って立ち上げたヴォリュームを配置。屋外階段はこの住宅にとって主要な縦動線を担う。踊り場はバルコニーとしてデザインし、屋上には土壌マットを敷くことで、建主が選んだ植物が日々足され庭づくりが楽しまれている。
所在地
東京都
掲載誌
新建築住宅特集 2021年11月号 42P