高床の家

architect福島加津也+中谷礼仁/千年村計画 福島加津也+冨永祥子建築設計事務所

address茨城県

住宅特集2021年6月号 24P

敷地は古墳のある山裾に位置し、南側には水田が広がる。この水田への眺望を活かすため、斜材を用いた架構により居住空間を2階にもち上げた高床とした。1階には腰掛けを設け、ピロティ空間として開放される。

close
arrow_left
1/7
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2021年6月24ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。