サニーハイツ 102号室・203号室

architect日本大学理工学部古澤大輔研究室

address東京都

住宅特集2021年5月号 122P

築40年ほどの鉄筋コンクリート造3階建てのオーナー住戸付き共同住宅を改修。1階すべてと2階の1部のメゾネット形式だったオーナー住戸の、1階の一部と2階部分を賃貸住戸として改修(102号室、写真)。部屋面積の約1/2の床と天井の仕上げを切断、さらに土間から約1,400~1,900mmの高さで水平方向に間仕切り壁を切り抜き、開放的な居場所とした(203号室)。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2021年5月122ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。