再生 最小限住宅 No.32

architectスガショウタロウ

address大阪府

住宅特集2021年5月号 28P

1955年に建てらた池辺陽設計の「最小限住宅 No.32」の改修プロジェクト。水回りとなる北側半間を再築。また構造補強して傷んでいた屋根・床などは改修と断熱を施し、改造されていた天井・壁・床は仕上げを手仕事げ補修しながら再生、可能な限り竣工当時の姿を再生した。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2021年5月28ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。