• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
HO-HOUSE
窪田勝文/窪田建築アトリエ
bookmark_outline
概略
1枚の白いスラブを折り曲げるように屋根、壁、床をつくる最少限のフレーム構成。スラブの先端にはテーパーをつけて、面の厚みをなくし抽象化するよう意図されている。
所在地
兵庫県
掲載誌
新建築住宅特集 2021年4月号 132P