• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
三室の家/対の器
大村聡一朗+中村園香/OHMURA NAKAMURA ATELIER
bookmark_outline
概略
接道面から奥に行くほど狭まる台形の敷地に建つ。敷地形状に沿わせたふたつの家型のヴォリュームを角度を振って繋げることで、建物内部をほぼ一室空間としながらも、住まい手が互いの距離感を調整することができる。
所在地
埼玉県
掲載誌
新建築住宅特集 2021年2月号 150P