月明と数寄

architect川口通正建築研究所

address神奈川県

住宅特集2020年11月号 96P

敷地は北側の平地と南側を流れる川に向かって下る斜面にある。母屋では秋田スギを用い、現代的大空間とし、離れでは吉野ヒノキと紀州ヒノキを用いて数寄屋工法に現代の技術を取り入れて設計された。異なる佇まいながらも中庭を介して周辺環境と調和させている。

close
arrow_left
1/8
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。