• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
オプティカルグラスのリヤド
中村拓志&NAP建築設計事務所
bookmark_outline
概略
2面接道の敷地に建つ2世帯住宅。光学ガラスブリックの壁から中庭の光が外に漏れ、内外の緑が透過して連続する。西側外観は高さ3,100mmまでブリック、その上に4,600mmまで光学ガラスブリックを積み上げている。光学ガラスブリックとブリックはそれぞれ、111.5mmと50.75mmの2種類の高さのものを組み合わせることで、リズミカルな表情とした。
掲載誌
新建築住宅特集 2020年11月号 36P