茂庭の家

architect大角雄三設計室

address宮城県

住宅特集2020年3月号 124P

敷地は太白山の麓の集落にある。近隣に建つ農家に倣って東西方向の切妻の家型にして、西側から吹き下す冷たい風をかわし積雪を抑える。軒下の連窓は小屋裏の床レベルに設置されたもので、その下の格子の嵌められたスリット状の開口は1階諸室のハイサイドライトとなる。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。