• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
慶良間の家
濱元宏/GAB
bookmark_outline
概略
渡嘉敷島の集落に建つ約14×9.7mの平屋。集落には、フクギの防風林やヒンプン、サンゴ塀、赤瓦の屋根、コンクリートブロック塀などをもつ住宅が多く見られる。この集落の風景に馴染むように、高さ1,980mmのコンクリートブロック壁に最高高さ4.7mの木造赤瓦葺きの寄棟屋根を架けた構成とした。南側のダイニングキッチンに繋がるアプローチにはスロープが設置されている。
所在地
沖縄県
掲載誌
新建築住宅特集 2020年3月号 102P