風と水の間の家

architect松田裕介/松田設計事務所 池内健/Studio Colife3

address愛媛県

住宅特集2020年3月号 58P

敷地は石鎚山脈と瀬戸内海に挟まれた市街地にあり、生活用水を賄えるほどの湧水に恵まれている。湧水を利用した水庭を設え、敷地上を吹き抜ける風の軸線を考慮して細長いヴォリュームを配置。敷地境界にポリカーボネートを利用した塀を立て、視線を遮り風の流れを適度に調整する。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2020年3月58ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。