HOUSE As

architect高野洋平+森田祥子/MARU。architecture

address愛知県

住宅特集2019年10月号 150P

地方都市の郊外住宅地に建つ。多様に変化する住まい手の生活に合うように、分割したヴォリュームが中央の吹抜けをもつ居間を取り囲むように配置。それぞれのヴォリュームは深さのある庇、欄間、大きな引戸で曖昧に繋げられ、天井高や開口によって特徴づけられ、外観にはかたまりとしてのヴォリュームが立ち現れる。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2019年10月150ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。