• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
HOUSE As
高野洋平+森田祥子/MARU。architecture
bookmark_outline
概略
地方都市の郊外住宅地に建つ。多様に変化する住まい手の生活に合うように、分割したヴォリュームが中央の吹抜けをもつ居間を取り囲むように配置。それぞれのヴォリュームは深さのある庇、欄間、大きな引戸で曖昧に繋げられ、天井高や開口によって特徴づけられ、外観にはかたまりとしてのヴォリュームが立ち現れる。
所在地
愛知県
掲載誌
新建築住宅特集 2019年10月号 150P