小石川の家

architect手嶋保建築事務所

address東京都

住宅特集2019年8月号 70P

敷地は都心の住宅地にあり、南庭を挟んで親族の家と隣り合う。躯体は4,200mmピッチで壁柱を配したRC造で、南北に跳ね上がる木架構のバタフライ屋根を架けている。壁柱間に設置した雨戸の裏手は壁面で、使用時は左右に開く。庭は右へ行くにつれ約500mmあるレベル差を緩やかな段差で吸収し、掘り込まれたテラスにより住まい手の生活を外部へ引き出す。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2019年8月70ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。