ゾーニングする山

architect栗原健太郎+岩月美穂/studio velocity一級建築事務所

address富山県

住宅特集2019年8月号 42P

山岳地帯に囲まれた地域の周囲を住宅や田んぼに囲まれた敷地に、オフィスとサロン、オフィススタッフの共有住宅の3棟を建てる計画。東側にそびえる立山連峰を望むための山を敷地中央につくり、山の稜線によって敷地をゾーニング。裾野と山腹に3棟をそれぞれ建てている。およそ1,000m3の山は、土木業者がストックしていた残土を再利用することで、盛り土に掛かる費用を最小限に抑えている。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2019年8月42ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。