インターバルハウス

architect古谷デザイン建築設計事務所

address東京都

住宅特集2019年5月号 56P

燃え代設計による150mm角の露出柱が立ち並ぶふたつのヴォリュームのうち、奥の白い外壁が「インターバルハウス」で、手前が以前に設計した「運ぶ家」『新建築』1508)。平面形状、階高、柱径、外壁の一部を揃え街並みにリズムを与えている。隣接する「大森ロッヂ」(『新建築』1103)の路地や植栽を引き継ぐように庭をつくり、上階にも建築ヴォリュームを切り欠いて緑を設えることで、空中の路地が展開する。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2019年5月56ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。