シラス洞窟の家

architect石沢英之+唐木研介+三原悠子

address宮崎県

住宅特集2019年3月号 66P

火山噴出物が堆積してできたシラス台地に建つ夫婦のための住宅。リビングと左手のダイニングは諸機能を納めた曲面壁で囲まれた居室の間に配置され、屋外テラス、雑木林へと続く。床の一部にシラスの石を敷き南からの日射と床下暖房による熱を蓄熱したり、曲面壁をシラス左官仕上げとするほか、多様なシラス建材により快適な住環境をつくり出す。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2019年3月66ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。