風と竹影が過ぎ去る家

architect中村拓志&NAP建築設計事務所

address千葉県

住宅特集2018年6月号 66P

南房総の海岸沿いに位置する敷地に建ち、竹格子の荒ら天井のつくり出す影や通り抜ける風によって自然の移ろいを感じる住宅。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2018年6月66ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。