大塚・三業通りの住宅

architect塩崎太伸+小林佐絵子/アトリエコ

address東京都

住宅特集2018年6月号 50P

準防火地域に建つ木造3階建て住宅。告示を利用して120mm角の柱梁を現しにしている。その代わり厳しい開口制限が生じるが、小さい建築面積のため各階をほぼワンルームとし、さらに建主が比較的閉じた空間を望んでいたため成立している。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2018年6月50ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。