石垣島の躯体

architect垣内光司+吉岡寛之

address沖縄県

住宅特集2018年4月号 70P

灼熱の日差し、湿気、暴風、湧き水、夕日といった石垣島特有の環境を読み込み、集落に昔から根付いてきた住宅の形式を重ね合わせて、この環境に適した住まいをつくりだした。深い庇による日射遮蔽、高床式による通気、東西に設けた風洞や屋上デッキでの散水、暴風と熱が室内に入るのをできる限り防ぐ仕掛けが施されている。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2018年4月70ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。