版築ハウス

architect齊藤正轂工房

address香川県

住宅特集2018年3月号 152P

のどかな郊外の角地に建つ。木造軸組の構造とは切り離して、外壁は別途型枠を組んで版築壁を仕上げている。施主も参加したセルフビルドで、厚みは70mm。最高高さを約5mに抑え、地層が立ち上がるような外観が力強く街並みに寄与する。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2018年3月152ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。