三松荘

architectアトリエ・ワン

address三重県

住宅特集2018年2月号 70P

住居兼質屋だった建築群を、イベントスペースやギャラリー、ゲストルームとして地域に開かれたものとして改修。地元の大工や左官、庭師が参加したり、伊勢型紙や伊勢木綿を用いたり、住み開きに合わせた仕様変更や補修の体裁をとりつつ、古い家に繋がれた連想のネットワークが更新された。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2018年2月70ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。