安保邸

architect城戸崎建築研究室

address愛知県

住宅特集2017年11月号 88P

敷地は郊外都市の住宅地にあり、東に向かって視界の開ける小高い丘の中腹に建つ。東の景色を取り込むべく、2階レベルをGL + 約5mに設定し、3本の壁柱でもち上げている。 2階床梁はヴォリューム感を消すため二重庇とし、浮遊感をもたせている。 相宮工務店 /  

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2017年11月88ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。