Botanical house

architectLife style 工房 安齋好太郎 名和研二/なわけんジム

address福島県

住宅特集2017年8月号 130P

植物を育て、楽しむための住まい。植物を常に最適な場所で育てられる空間を確保するため、温室の役割をもった内部の庭と、約2mの高さをもつ軒下の外部の庭を設けている。 Life style工房 / 名和研二 / なわけんジム

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2017年8月130ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。