Topological Folding House

architect山口隆建築研究所

address兵庫県

住宅特集2017年6月号 138P

周囲を低層の住宅に囲まれた敷地にあるため、周囲に対して開くよりも開口部を絞り限定した光を抽象的に室内に取り込んでいる。1枚のプレートが折りたたまれたように、内部の床面という内皮が外部の屋根面という外皮に連続しており、メビウスの輪のようなトポロジカルな構成となっている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2017年6月138ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。