弦と弧

architect中山英之建築設計事務所

address東京都

住宅特集2017年6月号 22P

都内に建つ、夫婦のための仕事場兼住宅。高さ7. 5mの室内空間に、10層の形の異なるスラブが立体的に分布する。下から仕事場、ダイニング、水回りと徐々にプライバシーが高まっていくが、物の置かれ方ひとつで床とカウンターがあいまいになる、できるだけ建築がそれらを定義づけてしまわないようにつくられている。

close
arrow_left
1/6
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2017年6月22ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。