ハスノヤネ

architect三宅正浩/y+M design office

address兵庫県

住宅特集2016年12月号 110P

区画割の後に残った不定形な敷地に建つ住宅。平行ではない敷地境界線に沿うように屋根を架けることで屋根の間にズレが生まれ、そのズレを開口としている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2016年12月110ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。