豊田の家

architect谷尻誠 吉田愛/ SUPPOSE DESIGN OFFICE

address愛知県

住宅特集2016年10月号 98P

敷地は3方向を道路に囲まれた周りから見られやすい場所のため、12. 5×7. 5mの平屋のワンルームをつくり、道路側には開口部を設けず中庭とトップライトから採光を得ている。上部に設けた1mの垂壁が構造を兼ね、柱のないワンルームを実現する。開放感と安心感が共存する中間領域のような空間が生まれている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2016年10月98ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。