常盤の家

architect石井秀樹建築設計事務所

address神奈川県

住宅特集2016年8月号 138P

造成から40年近くが経過した住宅地の傾斜地に建つ。分棟型の平屋とし、敷地外周部に凹みをつくり植栽を施している。矩形を雁行させながら分棟し、室内とほぼ同じ面積の広さをもつ中庭と敷地外周の入り庭をもたせている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2016年8月138ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。