桜並木の家

architect横内敏人

address兵庫県

住宅特集2016年8月号 24P

既存の敷地の樹木を残して建てられた地下1階地上2階建ての住宅。西側はサクラ並木を活かし、東側には六甲山系によく見られる渓流の景を地形と既存の樹木や石を活かしながら再現している。道路側に設けたフェンスは閉鎖的なものとせず、地形にそって空間が繋がる。1階の居間は空中に浮かせ、下にパティオを設けることで、東西ふたつの庭を繋いでいる。

close
arrow_left
1/7
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2016年8月24ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。