土庇の家

architect池浦順一郎/ DABURA.i

address福岡県

住宅特集2016年7月号 124P

敷地南側へ大きく張り出した鉄筋コンクリートの屋根 (土庇) 。この屋根を101. 6mm (直径) の鉄骨柱が支える。敷地の約400m 2 のうち1 / 3程度が屋外利用の場で、敷地境界に塀を設けないオープンな構えとして、自転車や近所の人が通り抜けることができるよう開放している。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2016年7月124ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。