• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
勝山の家
ハクアーキテクツスタジオ+中西太介
bookmark_outline
概略
東西に長い敷地に合わせ建物を北側に配置し、南西面に向けて視線の抜けを確保。積雪を考慮し、自然落雪するように屋根は4寸勾配とし、軒下のアプローチが日射を調整し中間領域として機能するため、雪国ながら大開口が可能となっている。
所在地
福井県
掲載誌
新建築住宅特集 2016年6月号 148P