瓦山の家

architect佐藤充/SATO+ARCHITECTS

address宮城県

住宅特集2016年6月号 96P

谷状の地形の中腹に位置する。東西方向に吹く風が抜けるように2層吹抜けのホールを設け、スキップしながら連なるすべての居室がホールに面するように設置。トップライトから採光し、夏場には簾と手動の霧吹きにより日射をコントロールし、気化熱を利用する。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2016年6月96ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。